June 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

京都へいったこと

 京都でライブしてきました、motherの企画。

1番目はkirie
以前から友達のバンドともよく対バンしてたので存在はしっていてきちんと見るのは今回が初めて、Minority Blues BandやI EXCUSEのようなバーニング要素のあるメロディックという感じを受けました。ただ90年代とは違う独自の進化をしていってるなというか、鬱屈した感じがなくストレートで乾いた感じ、こういうの自分には出来ないのでうらやましいなと思いました。

2番目は横須賀のweave
前日彼らのことを良く知っている仲の良い友人から真面目な子たちだよと教えられてたのですが(笑)その真面目で好青年な感じが音にそのまま反映されてる感じでした。
音の方はpenholdとかSDREの後期なんかを匂わせる、ジャンルを越えして多くの人に支持されるようなバンドになりえる素直なバンドだなと思いました。


3番目はmyex
splitCDやdemoをよく聞いてたのでこの一番楽しみにしていました、リハが無かったようなので出音に苦戦してたみたいでしたがその音の感じも含めてなんとも3ピースらしいというか、影響を受けたバンドはなんとなく分かるのだけどそのどれにもかすりつつもちょっとずつ違うような変なポップさがあってよかった。こういうバンドがひょいと出て来るところが京都のすごさだなと思いました。
us and themと一緒に都内に来てくれると思うので楽しみだな

4番手は企画者MOTHER
おそらく出ていたバンドの中では一番年下なのかな、若さの暴発寸前GIGな感じでした。
細かいギミック一切無しの直球勝負って感じが潔くて見ていて気持ち良かったです。
時間がないので僕らの演奏時間確保のためにセットリストを削っていたのでというのもあるけどそれでもあっという間の感じでした。



最後は僕ら時間のこと含めていろいろ手厚くしてもらって申し訳なかったのだけど、それを返すことが出来るくらいのいい演奏が出来たと思う。
いろんな人との再会もあって、特にhsgwさんに2年ぶりの再会できたし
地方でなかなかライブを見る機会がない人たちに見てもらえたこともうれしかった。


とりあえずざっと書くとこんな感じ。
ありがとうございました。






スポンサーサイト

comments

ブログにも書いたんですけどもっと見たかったです。次の6月のレコ発兵庫編ではもっと見れたらな〜と思ってるんですがよく考えたら自分のさじ加減ひとつなので(ニヤリ笑)楽しみにしています!石原さんや藤原さんに1時間ぐらいやってほしいといったらダメだって言われたんですけど(笑)

  • ハセガワ
  • 2012/02/06 10:18 AM

1時間はうれしいですけどほんと無理です(笑)曲数多めにやる方向で行きます!

  • ますや
  • 2012/02/07 9:50 PM
   

trackback

pagetop