April 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

8月中旬メモ

何はともあれゴーストバスターズ最高中の最高

あとやっとオルフェオ読む、

通勤の電車でさわりだけ読んだけど独特だけど入りやすい物語っぽいからこれから楽しみ

お盆で読みきりたい。

 

GI



ジャームスの映画を借りてきて見た、ドキュメントなのかと思ったら普通に俳優を使った物語映画だった。ライブシーンの雰囲気があまり出てないのと、そこが微妙になっちゃうとパンクバンドでそこそこ悩んでドラッグでラリって死んじゃうボーカルの話で小さくまとまっちゃってた気がする。
それならわざわざジャームズをテーマにしなくても良かったんじゃないかとすら思う。

けっこう面白かったけど正直似たようなところならジョイディビジョンを扱ったコントロールのが圧倒的に面白いかなぁと言うところが個人的な感想です。

メモ

最近見たDVDの超簡単感想
・チェイサー★★★★★
韓国の大作映画、正直韓国の大作映画はかなり良作ばかりだなと最近思う。息を飲む暇ないドラマチックな展開や伏線の張り方など映画的な楽しさも実話を元にしたという悲劇性や残虐性もきちんと描かれてる(だから見た後疲れたけどそれだけのめりこめたということなんで個人的には名作)

・サンシャインクリーニング★★★☆☆
高校時代はチアリーダーとしてイケてたけど今は生活的には負け組な女の話し、けっこうアメリカ的にはベタな設定なんですが、そういう映画が好きなんです。地味だけど重すぎず軽すぎずそこそこ明るい気持ちになれる良い映画だと思いました。でも半額レンタルのDVDでちょうどいいかな。

・アンビル〜夢を諦めきれない男達〜★★★★☆
ドキュメンタリーは普段みないけどこれはヒットしてたし内容も内容なんで見てみたかった、感想なんて書いたらいいかわからないけど出てくる人達がとにかくいい奴だったりバンドに愛があったりアンビルの二人も魅力に溢れていて感情移入したくなる。とにかくバンドの友達には薦めたい。

・ヘルボーイ、ゴールデンアーミー★★★☆☆か★★★★☆

監督が監督なんでキャラとか登場人物、風景なんかの描き方はかなりよくてストーリーもまぁ多少説明不足なところがあるかなぁ(一作目見てない自分のせいもあるけどそれ覗いても)と思いましたがアメコミ系のエンタメ映画としてはかなり良いなと感じました。
CGとかセットとかメイクとかとにかくあれを映画館でみたらもっとすごいんだろうなぁと思いました。

ハートロッカー

 
土曜日、日付的には逆になるのですが公開日にレイトショー(レイトショーだと安いのでw)で見てきました。
もちろん戦争批判的な内容でもあるのですが、砂漠地帯での狙撃シーンなんかにあった緊張感とか乾いた感じが生々しく感じられたところに面白みを感じました。
後半の復習?というか犯人を追いかけるところは個人的にはあんまり好きじゃなかったかなぁ。

でもわりかし緊張感が続く内容なのでエンドロール中どっと疲れがでた、まぁそれが戦争映画故のカタルシスであってこの映画の一番の魅力なんだろうなぁ思う。

サイレントランニング



というわけでこれ見ました、1972年のアメリカ映画。

植物が絶滅してしまった地球を離れ宇宙のドームに保存してある植物の管理と再生の仕事をしている乗組員の話。というディストピアな設定だけで好きな人にはたまらないんじゃないでしょうかw

けっこうカルト的な扱いを受けているので知れたわけですが、基本的には人間関係の話なのでいつの時代でも通じるし、正直よくできている。あとやっぱり人間の感情ほどハイテクな知能を持っているのにやけにアナログな動きのロボットがやたら可愛い。中に半身の障害者が入って演じているってのも時代的ですね。

そんでなんでカルト的な扱いというとそのあまりに切なすぎるラストシーン、あの天空の城ラピュタに影響を与えたみたいです、実際どんなものかはネタバレになるしネットで調べれば出てくるのでここでは書きませんが。ラピュタのあのなんとも言えない観賞後感が好きなら絶対にグッとくるのじゃないでしょうか。

これは名作★★★です!!

DD

 

バイオハザード+28週間後+マッドマックス2って感じで最高でした、ストーリーも分かりやすいしテンポもいいし適度にグロくて難しいこと考えなければこの手の映画ではかなり傑作だと思います。

映画



 レスラーを見た、80年代は栄光をつかんでいたが今はスーパーの総菜コーナーで働きながらも細々とレスラー活動を続けている一人の男、自分の家族や生活や年老えた肉体を追い詰めるように生きていることは十分わかっているが「そうすることでしか生きれない、生きる場所はそこしかない」という男の壮絶な人生の話。
ネタバレになりますが、明確に死を見せていない(暗示はしていますが)ところが「そうすることでしか生きれない」ということをより強調していると思いました。

自分は別に犠牲にするほどのものは抱えてないけど、バンドをやってる人なんかにはすごく共鳴する部分はあるんじゃないかなと思う。
劇場で見たかったけどみれなかったので見れてよかった。


グラン・トリノ

 今日はイーストウッドのグラントリノを見た、久々にホントにいい映画を見た。アメリカの姿を象徴するイーストウッドと彼のアメリカという国に対する感情が非常によく表れてると思う。

具体的な暴力という形でモン族ギャングに復習するのではなく、自分が抱えたのと苦しみを背負わせ死んでいくというラストはとても考えさせられた。

なぜイーストウッドがああいう人物なのかということとモン族についての時代背景をしるともっと深く見れると思うのでちょっと情報を細く得てからもう一度見てみようと思う。

エンターテイメント性は低いから地味なのかもしれないけど、映画としてのすごく素晴らしいので是非見た方がいいと思う。

ただ俺は未だにガントレットが一番好きなんですけどww


映画

今日アバターを見てきた、TOHOシネマズで。

3Dメガネなんですがなぜか自分のメガネだと縁にぴったりと引っかかってあまりつらくありませんでした。
実際物語の方はすごくわかりやすい話、ちょっと小さな伏線的なものを忘れても大丈夫なぐらいww
3D映画は初めてだったのですが、とにかくこれは映画館で見るべきという映画だと思った、ただのアトラクションだと言われたら確かにそうかもしれないがそうならなおさら映画館に足を運んで体感しないと分からないものがこの映画にはあると思った。





最近見た映画

 
家族の話なわけだけど。
ラストで母子が髪をなで合うシーンがすごくよかった。
細かい感想も書いたけど載せるのは辞めてメモにとどめておく。
12>|next>>
pagetop