April 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

春どこじゃない花粉症。

最近読んでよかったのはスピン

Less Internet

とは言いつつも見ている。無駄に見るのを減らして。

最近はようやく深夜ラジオを卒業して(といってもアルピーとオードリーは残し)読書の時間も増やしている。

家で読むには映画系のとか気になる新書とかを。。。

高橋ヨシキのこのシリーズ3冊はよかった。

 

 

昨日は友達とタイニーファニチャーを見てた後飲みながら駄話出来て良かった。

 

 

とりあえず作詞を携帯メモだと限界もあるので物書き用にノートを買おうとハンズへ行ったけど3000円の皮のやつとか

ハードルが高すぎるので普通のノートで使える皮のカバーとペンを買った、、、そして作詞をせずにブログを書いている!

本末転倒おやすみなさい。

 

 

あけて

あけまして。

 

なんと6月でここが10周年だ、、、

この10年何やってたのか。。。。とか思う部分もあり

でも別に変ったところももちろんあるし。。。。

 

今年はポップスに挑戦したい、挑戦ってなんだよってなんだけどまぁそこはバンドを見ててくださいってことで。

 

最近一番よかったのはこのイ・ランのイムジン河のカバーでした。

特に意味とかないかっこいいだけのダンスミュージックとか新しいインディ音楽も好きだけど、歴史から個人まで縦横色んな層が音楽に深い意味を与えるパターンも音楽の良さの部分だなぁって普通に思う。

 

この歌の元々の拝啓もあるけど、歌詞は日本語、映像内で行われている手話は韓国方式のものっていうのもまたいいなって思った。

 

 

 

年末

マジで一年なんかあっとゆーまですね。

年間ベストとか考える時期だけど、今年とにかくよかったのは20センチュリーウーマンですね。

ことあるごとに思い出してかみしめた感じもある。

 

来年またレコーディングでもしたい。

 

 

年末暇だったらもう一回ぐらいかくか。

タマフル聞きながら

 

最近これ見てるんです、ボージャックホースマン。

アメリカのコメディアニメって感じだけど、やっぱりコメディのヒューマニズムは好きだなって思う。

酒だセックスだドラッグだっていうか人間なんてクソっていう部分も多いけど最終的にアイロニーではなくっていうのは

わかんないけどキリスト教的な人間愛の感覚とかに基づいてるんでしょうかね、知らないけど。

 

この前は久々に映画2本立てで見てきた、どちらも最高。

ブレードランナーはめちゃくちゃよくできてる

GETOUTはスリラーなんだけどコメディっていう変な映画なんだけどこれも良かった。

 

 

読書の時間は取れてないけどアメリアグレイのが良かったです。

リディアデイビスから再開したい

広告が

久々に月一更新忘れてた、というか映画メモをfilmakesに変えたのとか忙しく本一冊しか読めてないとかある。

平常運転といえばそうだけど、忙しくても暇でも基本的に死にたい性格なのでそれはもうしょうがない。

7月からで15キロ痩せた、でもその前に20キロ増えたので結果的に5キロ増えた。

夏だからと言って特に何かあったわけではなく暦通りの日々。

先々週は逗子へ行ったのが唯一夏っぽいことでした。

 

パターソンがめちゃくちゃよかった、こういうミニマムな話はすごく好き。

普通の暮らしの中にしかない愛おしさと美しさとかを

映画作品としてみることで再体感することこそ映画的体験だよなーっていう

というかノートとメモ帳買っちゃったもんこれで笑

 

 

音楽はFlower of changeのライブ盤が良かったな。

7月

毎日暑いけどオフィスのあるビルにはクーラーがきいてるので文明の利器に感謝をささげながら仕事しています。

 

Corneliusのmellow wavesはめちゃくちゃよかった。

ここへきてスミスやプリファブみたいなポップソングを作るとはって感じ、

フリッパーズギターも含めて声がめちゃくちゃいいので歌ものやってくれて嬉しい。

 

 

あと限定的に復活してたelica方が先週の京都への単発ツアーのライブで正式に解散、さすがに10年やってたので感慨がある

楽しくやり切れてホントによかった。

言っちゃえば生業というわけでもないアマチュアな規模の活動だけど、それでも2枚もアルバムを出せたし順調なぐらいに順調で東京以外でもあちこちにライブに行けたしすごい充実してたなと改めて思った。

 

これからはsadsummerの方で楽しくやりたい。

 

 

サマーリディングのための文庫を何冊か買ったので読書もしたい。

 

 

6月

特に何もない平穏無事な毎日、野菜を増やし肉を減らしたら少し健康になった気がする。

今やってるバンドの自主企画とかあって、まぁもうちょっと集客を頑張りたかったところも正直あるけど企画自体は打ち上げまで含めて終始いい感じになった。

自分のキャリアとはまた別のシーンのバンドとやったことででいい刺激になった気がする。

 

20代のころに比べたら音楽への熱量は減ってきたかもしれないけど、そうなってきたことで変に力まず作ってる最近の曲の方がいい曲が作れてる気がするし自信もあるっていう成長も感じていたりして、それと相まって他人からの評価を強がりでなく気にしなくなった自分もいたり。

でも今ぐらいがちょうどいいバランスなんだとも思う、熱量もなくなって他人の目なんかどうでもよくなるっていうのは単なる年寄りのたわごとだし。

 

最近見た映画はとにかくLOGANがよかった、イーストウッド的アメリカ映画って感じ、アメコミ史上こんなに渋いの無いよ。

 

あとエイドリアントミネの新作はよかった。

 

5月

コーネリアスの新曲めちゃよかった。

フリッパーズは今更やってもクソにしかならないだろうけど

オザケンと二人でなんか1曲ぐらいやってほしいけどなぁ、、、ってファンはみんな考えてるんでしょうね、、、私もです。

 

 

12345>|next>>
pagetop